ネイティブの米国人とコミュニケーションを交える際、最も気になる点が発音・アクセントです。一般的に日本人は英会話の発音が下手と言われます。しかし、相手の米国人の方も州ごとに生じる「訛り」に慣れている人が多いせいか、細かい発音に関しては多少変であっても、大概は「方言」の様な感覚で相手に伝わります。例えば、ae(appleのa)をaやeの様に発音したり、l・r両者を同じ音として発音したり、f/v・thと言った日本人に馴染みが薄い音が上手く発音できなくても大きな問題はありません。ただし、k・g・s・z・t・d・b・p等の単子音は母音を付けず単子音として発音する必要があります。特に語末の単子音に対して適当な母音を付けて発音すると米国人に伝わらなくなる場合が多い様です。最後、l/rに関しもう1つ付け加えます。語中・語末に存在するtl・tr・dl・dr(little等)に関しては、tまたはdの発音を省略して構いません。と言うよりも、その様に話した方が本物っぽく聞こえるはずです。