日本は独自のお茶文化として緑茶がありますが、現在は、コーヒーや紅茶を好んで飲む人も多いです。 コーヒーの生産地で有名なのはブラジルやベトナムで、紅茶はインドやスリランカが生産量が多く、世界中に輸出しています。 コーヒーや紅茶は使い勝手が良く、純粋にお茶にして飲む以外に、お菓子に入れたり、賞味期限の過ぎた紅茶は脱臭剤としても使えますし、料理のスパイスとしてなど使用用途が広いので、色々な人に愛されている飲み物です。 洋菓子など甘いお菓子を食べるときや食後の口直しのときにコーヒーや紅茶は最適で、私もよく食後飲んでいますが、飲みすぎには注意しなければいけません。 コーヒーや紅茶はカフェインが含まれているので、飲みすぎると眠気が覚めてしまいますし、歯に色が付いたり、吹き出物ができているときはコーヒーは避けたほうが良い飲み物です。 1日数杯程度なら大丈夫ですが、十数杯などになると、明らかに飲みすぎで体を壊す恐れがありますので、飲む量はほどほどにしておき、休憩のときに飲む程度にしておきましょう。