ストレス社会の今ですから、心も体も病気になる方がふえています。しかし、犬を飼うと元気でいられます。理由は、犬は見ているだけで癒やされるので、心が病んでしまうことがないのです。さらに、犬は散歩につれていく必要があります。特に、会社を定年退職した方は、体を動かす機会が少なくなりますが、犬の散歩で体を動かすことになります。そして、犬は時々遊んでほしいとほえて要求しますから、おもちゃで犬とたわむれるとか、あるいはご飯をあげるとか体を動かすため、体の方も病気になりにくのです。また、犬は動物のなかでも少し賢くて、優しくしてくれた飼い主には、それなりのしぐさで感謝を表現します。そのため、飼い主はますます犬を愛するようになります。もちろん、最近では若い一人暮らしの方も、ペットと入居してもいいアパートもありますから、仕事から帰ってきた時に、一人ではなくて犬が出迎えてくれるというのは仕事の疲れもなくなります。犬を飼って犬の為にしていることが、実は人が元気で生きていくためにしていることになります。